リフト防止のコツは?セルフジェルネイルに必須のプレパレーション

ネイルスクールラボは、全国のネイルスクールを検索して、学校のパンフレットを無料でお取り寄せできるポータルサイトです。
お電話での資料請求 0120-789-760 9:00〜21:00
リフト防止のコツは?セルフジェルネイルに必須のプレパレーション

リフトって何?どうしてなるの? せっかくのジェルネイルが剥がれてきてしまった、という経験のある方は多いはず。
このようにジェルネイルが浮いてきてしまうことを「リフト」と呼びます。リフトの大きな原因として考えられるのが、ジェルをのせる前の下準備が十分でない場合です。せっかくジェルをやるなら長持ちさせたい!そんな方はプレパレーション(下準備)の手順をチェックしておきましょう。

すぐに剥がれちゃった
リフト防止のために!プレパレーションの手順。
ジェルネイルのプレパレーション(下準備)が必要なワケ
ジェルネイルを定着させて剥がれにくくするため!

ジェルネイルを定着させるには、事前の「サンディング」と「甘皮処理」が大切です。
どちらもリフト防止には必要なことですが、一歩間違えば爪の表面や皮膚を傷つけてしまうことにもなりかねません。
ここでは、そんなプレパレーション(下準備)を安全に行うために知っておくべき基本をご紹介します。

イメージ1
Step1 下準備

コットンを開いてふわふわの繊維の部分をウッドスティックに巻き付け、エタノールを染み込ませておきます。

使用する道具
(1)ウッドスティック/プッシャー (2)コットン
(3)エタノール
イメージ2
Step2 甘皮を押し上げる

スキマを作るように意識して押し上げます。

無理に押し上げようとしないこと!

イメージ3
Step3 爪の形を整える

4本指で持って、同じ方向に向けて爪の先をすべらせるようにして、長さ・形を整えます。

使用する道具
(1)エメリーボード
手

爪の形の種類は?

主要な形としては5種類で、ラウンド、オーバル、スクエアオフ、スクエア、ポイントがあります。
今回挑戦したのはラウンドです。

イメージ4
Step4 爪表面のツヤ消し(サンディング)

ジェルが付きやすいように、爪の表面を軽く「やすりがけ」します。

使用する道具
(1)スポンジバッファー

180〜240のグリッド数がおすすめです。

プロが解説!つまずきポイント

サンディングはやり過ぎに注意!
爪を削り過ぎて爪が薄くなってしまっては、ジェルネイル自体ができなくなるくらいにまで爪が傷んでしまうことも。力を入れて削るのではなく、短時間で表面を軽くすべらせるように、と意識してください。

イメージ5
Step5 爪の根元のツヤ消し(サンディング)
甘皮の押し上げ

ジェルは根元から剥がれやすいため、根本(キューティクルまわり)をサンディングします。

使用する道具
(1)キューティーストーン

プロが解説!つまずきポイント

キューティーストーンの使い方には気を付けて!
力任せに使うと、爪が凸凹になってしまう危険も。軽い力で爪の上でくるくる動かすようにしましょう。

イメージ6
Step6 ダストを拭き取る

サンディングするとダストが残るため、繊維が付着しにくいキッチンペーパーなどで拭き取ります。

使用する道具
(1)キッチンペーパー/ワイプ (2)エタノール

プレパレーションに手抜きは禁物!
1度習えば爪を傷めずネイルを楽しめる!

>>道具持込みできるネイルスクール検索
ページ上部へ